【THE BUBBLE NET】本物の泡を知る!バルクオムの洗顔ネットが凄かった

バルクオム洗顔ネットの画像未分類

手でこするな!泡で洗うんだ!みたいなスキンケアの基本は知っていても、めんどくさいと思ってしまい、今まで洗顔ネットなんか使ったことありませんでした。

ただ、20代にもなると肌の状態というのは男でも気になるもの……というか女性に比べて皮脂の分泌が多い男の方が気にした方がいいのでは?と思い、まずは洗顔から意識することに。

脂ギッシュって誰が言い始めたんですかね?

そこで今回はメンズスキンケア商品で一番有名だと言っても過言ではない【BULK HOMMEバルクオム】の【THE BUBBLE NET】という泡立てネットを購入してみました。

この記事ではBULK HOMMEの泡立てネットの使用感などを紹介していきたいと思います。

BULK HOMMEとは?

BULK HOMME – ブランドCM【30秒】DIGITAL CITY BOY

バルクオムの公式サイトによれば、BULKは英語で容器の中身、HOMMEはフランス語で男性を意味すると書かれていて、シンプルなパッケージはその名を表している。

Amazonで男性用の洗顔料や化粧水などを検索すれば、上位に表示されることが多く、また雑誌などでも見かけたことがある人も多いだろう。

バルクオムはメンズ用スキンケアの定番商品だ。

THE BUBBLE NETを開封する

THE BUBBLE NETの全体画像
THE BUBBLE NETの全体画像

まずパッケージから取り出して思ったのが「デカい!!」そして「ツルツルしてる!!」ということ……。

THE BUBBLE NETの詳細画像
THE BUBBLE NETの詳細画像

バルクオムのTHE BUBBLE NETは、大きさを手のひらよりも大きい200mm以上にし、ネットを4層構造にすることで、空気と水分を取り込みやすくしているんだとか……。

THE BUBBLE NETの使用感

THE BUBBLE NETで泡立てたときの画像
THE BUBBLE NETで泡立てたときの画像

泡立てはじめて一瞬で、手で泡立てるのと泡立てネットを使用する、その明確な差を感じた。

とくに空気を含めるとか、水分量とか、こまかいことを意識したわけではないのに、きめ細かい……しかももっちりとした泡が出来上がった。

泡で溺れる。
顔に手のひらがふれなくていい。
泡で洗うという感覚を知った。

まとめ

バルクオムの【THE BUBBLE NET】は単体で660円ほど【THE FACE WASHとのセット】で2860円ほどになっている。

泡立てネットは100均でも購入することは可能だが、自分は600円代なら“買い”だと思った。

1000円以下で買えるちょっとした贅沢。
興味がある人は試してみたはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました