【水曜日のネコ】めちゃくちゃ飲みやすい!苦みが弱く華やかな香りと甘さが際立つホワイトエール

水曜日のネコの画像未分類

ビール初心者の自分が三大気になっていた商品。
よなよなエール・インドの青鬼。
そして、水曜日のネコです!

パッケージがめちゃんこオシャレでずっと気になっていたんですけど、自宅周辺のスーパーやコンビニでは取り扱っていなかったので、なかなか巡り合えなかったんですよね。

ベルギー生まれの「ベルジャン・ホワイトエール」というスタイルのビールだそうで、どういう味になっているのか、実際に飲んで確かめたいと思います。

水曜日のネコの特徴

水曜日のネコのパッケージ画像

水曜日のネコはベルギー生まれの「ベルジャン・ホワイトエール」というスタイル。

風味づけにオレンジピールとコリアンダーシードを使用しています。

ベルジャン酵母が生み出す青りんごのようなフルーティーな香りに、オレンジピールやコリアンダーシードの爽やかな香りが相まって、とてもリラックスできる香りになっています。

ホップの苦みがとても弱く、原材料の小麦によりやわらかな口当たりに仕上がっているため、普段ビールを飲まない方や女性にもおすすめのビールです。

よなよなエール公式サイトより引用
水曜日のネコの成分
  • 原材料:大麦麦芽・小麦麦芽・ホップ・オレンジピール・コリアンダーシード
  • 内容量:350ml
  • アルコール分:5%

水曜日のネコを飲んだ感想

水曜日のネコをグラスに注いだ画像

よなよなエールと同じく、ヤッホーブルーイングが販売しているホワイトエール。

写真で見ていたほどではありませんが、グラスに注ぐと、たしかに色味が薄いのを感じ取れます。

机の上だと色が同化して分かりにくいんですけど、白い背景の前で見ると、薄い黄色って感じの色でした。

香りとコクが売りのよなよなエール。
フルーティーな風味は、水曜日のネコでも堪能できます。

特徴として挙げられている青りんご感は、自分の嗅覚ではよく分からなかったんですけど、単純なビール臭ではなく、果物っぽさが含まれているのは伝わりました。

それもそのはず、原材料にはオレンジピールとコリアンダーシードが含まれていて、他のビールとは一線を画した爽やかさが味わえます。

よなよなエールの飲みやすさには驚かされましたけれど、水曜日のネコはそれ以上。

苦みが弱く、香りと甘さが引き立っている。
優しい炭酸と相まって、口当たりがとても柔らかく、すっきりしていました。

喉を潤した後の口内には、ほのかなハーブ感と、ほどよいアルコールが滞留していて、心地よく酔えるビールでした。

公式サイトで女性やビールを飲み慣れていない人におすすめしているのも納得の味。

ビールを何年も飲み続けている方々には、優しい苦みに物足りなく感じるかもしれませんが、まだビールの味を覚えている途中の自分は美味しくいただきました。

まとめ

ヤッホーブルーイングから販売されているクラフトビールはどれもオシャレで、常備していたくなりますね。

水曜日という平日の真ん中に、風呂上りに合わせて、気分をリフレッシュできるような爽快さが魅力のクラフトビールです。

タイトルとURLをコピーしました