【ノメルズ ハードレモネード】ほろ苦さが効いている大人のレモンサワー【レビュー】

未分類

レモンサワーといえば、数多くあるお酒のなかでも定番の味でした。

居酒屋などの飲食店で、ビールは飲めなくても、レモンサワーなら1杯だけ…みたいな万人に愛されているお酒といえます。

それがここ最近、サントリー社の『こだわり酒場のレモンサワー』や、コカ・コーラ社の『檸檬堂』などの大ヒットによって再注目されているように感じます。

今回紹介するNOMEL’S HARD LEMONADEは、檸檬堂監修の新ブランド

若者向けのポップなデザインとは裏腹に、苦みと酸味がバランスよく加わった大人の味のレモネードなんです。

三種類それぞれを飲み比べて、レビューしていきたいと思います。

ノメルズ ハードレモネード共通の特徴

ノメルズハードレモネードには、ジンの風味や苦みの特徴となっているジュニパーベリーエキスが含まれています。

これによって、甘みだけが強くてほとんどジュースみたいになりがちな缶チューハイとは一味違う、柑橘系のほろ苦さが後に残る大人なレモンサワーになっています。

ノメルズ ハードレモネード3種類飲んだ感想

ノメルズハードレモネードオリジナルの画像

ノメルズ ハードレモネード オリジナル

製品特徴
  • 甘酸っぱいレモネード味
  • アルコール5%
  • 果汁20%
  • ピンクグレープフルーツ果汁配合

圧倒的な果汁感!これは凄い!
ピンクグレープフルーツ果汁が配合とのことで、独特な苦みが舌の上に残ります。

ゴクゴクと飲んでいるときに感じる甘酸っぱさは、けっしてCCレモンみたいなジュース感ではなく、丸みを帯びたバランスがいいものになっています。

お酒が飲みたい欲が強いときより、今日は1杯だけでいいやって日に飲みたいですね。

ノメルズ ハードレモネード サワー! サワー! サワー!

製品特徴
  • ちょっとすっぱいレモネード味
  • アルコール5%
  • 果汁14%
  • ゆずフレーバー配合

名前的にもサワー!サワー!サワー!のほうが酸味を押し出しているのかと思いきや、オリジナルよりも酸味は奥のほうに感じます。

しかしながら、ビールのようにゴクゴクと飲みたくなる味わいと軽さは、断然オリジナルよりも上で、飲みすぎ注意。

口の上を甘さが通って、舌には苦みが残る。
オリジナルよりもスッキリしている印象です。

休日の夕方から2杯・3杯と飲むならこっちです。

ノメルズ ハードレモネード ビターサワー

製品特徴
  • ほろにがレモネード
  • アルコール7%
  • 果汁8%
  • トニックフレーバー配合

これはもうほぼほぼジントニック。
そこに缶チューハイらしい甘さもしっかり主張していて、一番美味しいって感じました。

ビターサワーって名前なんだけど、三種類のなかで素直な苦みだったのはコレです。

他の2種類はおつまみ無しでいいやって感じだったんですけど、ビターサワーは揚げ物とかと一緒に飲んでも美味しいと思います。

アルコールが7%なので、ほどよく酔えます。
休日前夜にじっくり飲みたい、そんなお酒でした。

まとめ

LEMONを逆から読んでノメルズ。
なんともポップでおしゃれな缶チューハイですけど、大人な味わいに飲んでみてけっこう驚きました。

檸檬堂としっかり棲み分けが出来ているのも素晴らしいですし、甘いのが苦手な男性にはけっこうおすすめできると思います。

興味がある方はぜひ飲んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました